診療時間
平日:7時~12時/16時~19時
土日:9時~12時/13時30分~17時
休診日:月曜、祝日

 

病院

0761-48-7737

トリミング

0761-48-7730

小松市の動物病院・トリミング
すずき動物病院

昨日吐いた物に10CMのリボンが混じっていて、今日も何回か吐く仕草をする。ということで3歳のネコちゃんが来院。飼い主さんのお話では、残りのリボンが家じゅうのどこを探しても見つからないそうです。食欲と元気がなくグッタリ。このような場合は事を急ぎます。最悪の場合、長いリボンが小腸に絡まって腸の運動が抑制され、腸がねじれたま動けずに栄養を運ぶ血管がつまり、腸が壊死して亡くなります。リボンのような布はレントゲンには写りませんし、バリウム検査には時間がかかります。このようなときはやはり内視鏡検査が最も威力を発揮します。内視鏡では食道、胃、小腸の一部の口から約90CMまでの範囲の状態がクリアな画面で観察できますし、内視鏡に装着可能なカンシで異物を取り除くことも可能です。でも、今回はカンシで取れない場合はすぐに開腹手術をする予定で検査を開始しました。

ガスによる麻酔で眠らせカメラを口から食堂に滑らせるように進み、やがて胃に到着すると視界にはすぐに忌々しいリボンが写りました。緑色のモノがリボンです。

RIBON1.jpg
RIBON2.jpg
RIBON3DSC00527.jpg
RIBON4DSC00528.jpg

すぐにカンシを送りこみ、がっちりと挟み込み引っ張りますが何センチあるか分からないリボンは腸のどこかに引っかかっているようでリボンは抜けません。このような場合はある程度のところでやめないと、腸をねじってしまうことがあるので、止めて開腹しました。

 予想通り腸がリボンに絡まるようにしてよじれていました。腸は本来の長さの1/4くらいに縮んでいました。これでは引っ張っても出ないはずです。仕方がないので腸の一部を切開して、注意深くリボンを引っ張り出しました。

これが取り出したリボンです。長さが約80CMありました。どんな風に飲んだのかは不明ですが上手く飲んだものです。異物を取り出した後は急速に状態は回復していきます。切開した腸もしばらくすると全く問題なく動いてくれることでしょう。ネコの飼い主さんはご注意ください。特にネコは日頃からよく吐くので異物の誤食の発見が遅れる傾向があります。越そういう意味では今回はとても早い発見でした。

お問合せ・ご相談はこちら

病院

0761-48-7737

トリミング

0761-48-7730

平日:7時~12時/16時~19時
土日:9時~12時/13時30分~17時
休診日:土曜、祝日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

病院

0761-48-7737

トリミング

0761-48-7730

<診療時間>
午前7時~12時 午後4時~7時
土日 午前9時~12時 午後1時30分~5時
※月、祝は除く

すずき動物病院

住所

〒923-0831
石川県小松市打越町い233

アクセス

加賀方面からは…
①「8号線」からのアクセス
  国道8号線を「沖町交差点」で右折し直進、「打越」交差点で左折してください。
②「加賀産業道路」からのアクセス
  8号バイパス「佐々木I.C」で下りて左折し直進、「打越北」交差点で左折してください。

金沢方面からは…
①「8号線」からのアクセス
  国道8号線を「園町交差点」で左折し直進、「打越北」交差点で右折してください。
②「加賀産業道路」からのアクセス
  8号バイパス「佐々木I.C」で下りて右折し直進、「打越北」交差点で左折してください。

診療時間

平日:7時~12時/16時~19時

土日:9時~12時/13時30分~17時

休診日

月、祝

第1種動物取扱業

・第220B058号
・登録年月日 令和2年6月16日
・登録期間の末日 令和7年6月15日
・動物取扱責任者氏名 鈴木隆史
・動物取扱業の種別 保管